スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックのメダルは「個人の栄誉」なのか? 「国の威信」なのか?

★オリンピックを面白くする挑戦と実験★ 
【オリンピックを原点から再考することで世界を変えていく視点】その3

いつも考えるのは、オリンピックと個々の競技の世界選手権(ワールドカップ等)との違いです。

単に、「4年に1度」の大会と、「年1回」もしくは「2年に1回」という、開催頻度の違いだけでは有りません。

サッカーのワールドカップ以外は、どの競技もオリンピックのメダル以上の価値と意味を持っている世界選手権は無いようです。

オリンピックを見直す最初の視点は、そもそも、これからのオリンピックは「<国別の対抗戦>に徹すべきなのか? それとも、国の枠を超えた個人の競い合いなのか?>ということに徹すべきなのか?  この選択に明確な結論を出すことです。

オリンピックが<国別の対抗戦>であるなら、各競技の世界選手権は<国の枠を超えた個人の競い合い>と位置付けたほうが良いでしょう。

逆に、オリンピックが<国の枠を超えた個人の競い合い>であるとするなら、各競技の世界選手権は<国別の対抗戦>という位置付けになります。

オリンピックが、「4年に1度の開催」「国別のメダル獲得数が競われる」「選手団を開催国に派遣する経費は国が負担する」というオリンピックならではの実情を考慮するなら、当然、オリンピックは<国別の対抗戦>という位置付けしたいという人が多いかもしれません。

そうなると、各競技の世界選手権は、自動的に、<国の枠を超えた個人の競い合い>ということで決着をつけるしかありません。

いずれに、これはIOCと各競技団体の世界最高組織団体が決めることになるでしょう。

  (611字)



**************************************

「FC2ランキング」(政治カテゴリー)に参加しています。
ここをクリックして頂けると励みになります。→

**************************************

スポンサーサイト

theme : 気になったニュース
genre : ニュース

tag : オリンピック 世界選手権

comment

Secre

FC2カウンター
プロフィール

小久保 達(こくぼ・さとし)

Author:小久保 達(こくぼ・さとし)
1949年4月生まれ・団塊の世代 
埼玉県飯能市在住(27年目) 
住居は飯能河原に面したマンション。屋上ガーデニングで花・野菜・果樹を。中学教員の妻と二人暮らし。
「食べないけど我慢しない」自己流ダイエットで100k→86k
連絡はリンク↓の[小久保達.com]から

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。