スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「選挙権」が「国民の基本的な権利」なら、どうして「年齢制限」を設けるのでしょうか?

                        ★『愚かな国・賢い国』★ 選挙権 01

昔、あるところに<愚かな国>が有りました。

その<愚かな国>では、選挙権を「国民の基本的な権利」としていました。それなのに、年齢制限を設けていたのです。

19歳未満の者には選挙権も被選挙権も与えていなかったのです。

国民の中には、この年齢制限を「18歳まで引き下げろ!」という意見や、逆に「25歳以上に引き上げろ!」という意見は有りましたが、「年齢制限そのものを撤廃せよ!」という意見は皆無に近いものだったのでした。



昔、あるところに<賢い国>が有りました。

その<賢い国>では、選挙権を「国民の基本的な権利」としていましたので、年齢制限を設けていませんでした。

つまり高校生や中学生だけでなく、生まれたばかりの乳幼児でも、役所に出生届が受理された時点で、自動的に選挙権が与えられたのです。

当然、赤ん坊の選挙権は、その保護者が代わって行使していました。

小学生になると、「自分で行使する子供」と、「親に行使を任せたたままの子供」に分かれますが、それが「大人への成長の証の一つ」とされていたのです。

早い子は、読み書きができるようになる6,7歳から選挙権を行使する子供もいました。

その一方で、20歳を過ぎても、一向に自分では選挙権を行使しない「子供」も少なくはなかったのですが、それはそれで「当人の自由」と容認されたのです。

                 (551字)

「FC2ランキング」(政治カテゴリー)に参加しています。
ここをクリックして頂けると励みになります。→
スポンサーサイト

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

tag : 選挙権 年齢制限 国民の権利

comment

Secre

FC2カウンター
プロフィール

小久保 達(こくぼ・さとし)

Author:小久保 達(こくぼ・さとし)
1949年4月生まれ・団塊の世代 
埼玉県飯能市在住(27年目) 
住居は飯能河原に面したマンション。屋上ガーデニングで花・野菜・果樹を。中学教員の妻と二人暮らし。
「食べないけど我慢しない」自己流ダイエットで100k→86k
連絡はリンク↓の[小久保達.com]から

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。