スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニは、もはや〈準公共施設〉です。産官民連携で「コンビニ空白地域」を無くそう!

いま日経新聞朝刊に『新しい日本へ・第5部「震災後」へ動く』という特集が掲載されています。

きょう(6/30)は、「コンビニの存在感」という見出しで
「今回、防災拠点としての存在感を示したのがコンビニエンスストアだ」
「コンビニに防災機能を担わせるなら、行政も全面協力する姿勢が欠かせない」と書かれています。

日経新聞の連載は、電子版で「読者からの提言」を募集しているので、早速下記の提言を書いてみました。

**********************************

コンビニの存在価値が高まるにつれて発生する新たな課題は〈コンビニ過疎地への出店促進〉ではないでしょうか。採算性から出店対象外とされている地域でも、そこの住民にしてみればコンビニは欲しいのです。

そこで提言したいのは〈産官民連携のコンビニ運営体制〉です。

①まず、自治体は地域内の「コンビニ空白区」で住民の要望を訊き出し、要請の多い地域に出店用地を確保します。

その土地は、市有地の活用か私有地の借り上げです。

建物は土地の所有者が建造しますが、私有地の場合は、自治体がオーナーから納得価格の家賃で借り上げます。

②つまり、〈コンビニ過疎地への出店〉は、全て自治体とコンビニ本社との契約になります。

オーナーからの借り上げ家賃と、コンビニ本部への賃貸家賃の〈差額〉は、自治体の負担ですが、それは〈過疎地への公益提供〉なので議会も反対しないでしょう。

③〈コンビニ過疎地の新店舗の運営〉はコンビニ本部に任せます。

但し、本部の直営もFC経営者の募集も困難な地域は、自治体自体がFC加盟店になります。

これからのコンビニには、公衆トイレ、郵便局、防犯駆け込み以外にも、いままで以上に〈準公共施設〉の役割と〈公共サービスの代行〉が求められますので、コンビニ支援に自治体が公金と職員を投じることに対する住民の反対は無いと思います。

この〈産官民連携のコンビニ運営体制〉は、閉店したコンビニの再開にも適用してはどうでしょうか。
(598字)
**********************************

ところが、投稿してみて初めて「300字以内」という字数制限があることを知り、上記の文章を288まで短縮して投稿したところ、一時間後にはもう電子版に反映されていました。

下記がそのURLです。
http://www.nikkei.com/news/topic/opinion/q=有料購読者でなくても読めるようです。

(1010字)★日経新聞連載「新しい日本へ」への提言投稿★  


<東日本大震災>職員考案「ハエ取りペットボトル」が効果
というニュースです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110630-00000021-mai-soci
毎日新聞 6月30日(木)10時19分配信

<追記>
地域で空のペットボトルが集まるのはコンビニです。
各種の殺虫剤もコンビニで買えるようになればいいのですが・・・・

       

「FC2ランキング」(政治カテゴリー)に参加しています。
ここをクリックして頂けると励みになります。→
********************************************************************


スポンサーサイト

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : コンビニ 防災拠点 公共施設 ペットボトル

comment

Secre

FC2カウンター
プロフィール

小久保 達(こくぼ・さとし)

Author:小久保 達(こくぼ・さとし)
1949年4月生まれ・団塊の世代 
埼玉県飯能市在住(27年目) 
住居は飯能河原に面したマンション。屋上ガーデニングで花・野菜・果樹を。中学教員の妻と二人暮らし。
「食べないけど我慢しない」自己流ダイエットで100k→86k
連絡はリンク↓の[小久保達.com]から

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。